私の想い

私の想い

 くぬぎ山をはじめとする所沢の平地林は、かつては、農業や人々のいとなみと密接に関わって美しい雑木林を形成していました。樹木は定期的に伐採され薪炭として利用され、落ち葉は農作物の肥料として利用される循環型の営みの中で、多種多様な動植物が生き生きと暮らす場所であり、雑木林は郷土の文化でした。しかし戦後、農業の近代化で化学肥料の使用により堆肥が作られなくなったり、化石燃料や電機の普及による生活様式の変貌などから雑木林は活用されず、さらに管理されない樹林は荒廃していきました。

 昨今はエコ、リサイクルの時代となり、有機栽培が見直されたり生物の多様性が叫ばれている現在、雑木林を保全し上手に活用することにより、かつての美しい雑木林が再生され、自然を豊かにしていくとともに、地域の文化や環境学習の場となるものと確信しています。

運営者 渡邊邦雄 プロフィール

石坂産業への協力、活動説明

 樹林の再生は、研究テーマとしては非常に大きいものです。樹木の生長や、動植物の生育状況の記録をとることはもとより、大木の伐採や生育途中の樹木の間伐の適期の見極めなどのアドバイスをしていきたいと考えております。樹木を使った環境学習やレクレーションのプログラム作成に関するアドバイスやコーディネーターとしての活動も積極的に参加いたしております。

 私は、自然環境の保全を目標に、緑・水・土などの自然要素を「命ある素材」として効果的に扱うグランドデザインをビジョンに仕事をしてきました。今回の事業活動においては、生態系の構造と機能を活かし、地域の歴史文化に根ざし、地元住民参加型によるコミュニティを意識したプランを大切にしたいと、願っています。

運営者 渡邊邦雄 プロフィール

生年月日 昭和26年2月12日
住所 〒359-1117  所沢市有楽町14-7
TEL&FAX 04-2926-9020
E-mail karinka@coffee.ocn.ne.jp
経歴 昭和52年 3月 日本大学農獣医学部農学科造園学研究室卒業 指導教授:勝野武彦先生
昭和52年 4月 松村園芸株式会社 入社 造園施工、植栽設計
昭和57年 1月 株式会社タム地域環境研究所 入社 調査、計画、設計、業務管理、営業
平成15年 3月 同社退社
平成16年10月  有限会社花林果設立 代表取締役に就任 はちみつ店「花林果」を開店、現在に至る
資格 一級造園施工管理技師
社会活動 社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会
本部業務委員 2期(4年)
関東支部広報委員 2期(4年)
関東支部業務委員会 1期半(3年)
町内会役員 2年、現在継続中
学会発表 史跡足利学校跡北池の復元
著書 史跡足利学校跡保存整備報告書-庭園・外構編-(共著)(平成4年)
小林一茶寄寓の地保存整備事業報告書(共著)(平成8年)
代表作 史跡足利学校跡庭園復元
秋田城跡環境整備計画(秋田市、昭和58〜61年)
市民の森・指導の有情整備調査委託(さいたま市、平成3~6年)
小林一茶寄寓の地保存整備事業(流山市、平成5年)
成田空港周辺樹林調査(新東京国際空港団、平成8~10年)
愛知県広域緑地計画調査(愛知県、平成9〜10年)
千葉県指定天然記念物「坂戸神社の森」植生調査委託 (袖ケ浦市、平成10年)
手賀沼自然ふれあい緑道実施設計委託(千葉県、平成11年)
平和公園C地区墓地造成実施設計業務委託(千葉市、平成12年)
中原ふれあい防災公園基本設計(柏市、都市公団、平成14年)
東京学芸大学立木竹の鑑定評価(東京学芸大学、松村園芸株式会社、平成15年)
得意分野 史跡整備計画
趣味 スキー、音楽鑑賞(クラシック、ジャズ)
お問合せ 石坂産業株式会社 やまゆり倶楽部
はちみつ店 花林果